痴漢が待ち遠しくてヌレヌレのJK♥電車えっちパラダイス[ピンポイント/キングピン]

電車えっちパラダイス

清楚な見かけと反対にクソビッチのJ●を電車で痴漢して生ハメ中毒に♥

作品内容

電車えっちパラダイス
電車えっちパラダイス
電車えっちパラダイス

詳細はこちら⇒⇒ 電車えっちパラダイス

ストーリー

ストーリーはこちら

痴漢しても、生ハメしても、怒られないどころか電車内でパコパコ三昧☆ 美少女JKとのラブラブドスケベ天国!!

■ストーリー

「はぁ……しんどい……しんどいなぁ……」

重い身体を引きずって仕事に向かう毎日。
憂鬱な電車の中で、いつも見かける、可愛くてエロい身体のJK、
あの子に触りたいなぁと思いながら過ごしていた。

ある日俺は、その女の子の裏アカを発見する。
ツイートを読むと、エロいことに興味津々。
エロ漫画やAVみたいに大胆に痴漢されたいなんてことまで書いてある。

翌日、電車の中で彼女を見かけた俺は、ツイートの内容を信じて
彼女の身体に触れてみると、まったく嫌がられない……!
それどころか、嬉しそうだっ!

ストレスが溜まるだけだった通勤電車が、
美少女JKとエロいことをしまくりのパラダイスにっ……!

■見所はココ!

電車の中で我慢出来ずに女の子のお尻に触ったらそれを喜んで受け入れて
超絶アヘりまくるムチムチJK!

ムチムチスベスベな女子校生に触りたい!
ツヤムチプニプニな若い女の子に触りたい!
シミ一つない張りのある肌、弾力のある尻に触りたい!

そんな欲求を抱える主人公が、2人のエロい身体を持つ美少女JKと
電車内でセックスし、中出しし、虜にしていきます。
エロいことをすればするほど、ヒロイン達は主人公のことが大好きになり、
主人公を悦ばせようと頑張ってくれます。

憂鬱なだけだった電車が、パラダイス空間になっていく。
男の欲望に全て応えてくれる理想の女の子と、HをしまくるAVGです!

オススメポイント

ピンポイント/キングピンの「電車えっちパラダイス」のレビューです。ゲームのレビューは久々っすね。

キャラクター原画は復八磨直兎でアヘ顔系です。ストーリーなんぞしらん!シコりたいんじゃ!と言う抜きゲーでした。

タイトルどおり、冴えない主人公が美少女2人に痴漢しまくってチンポ堕ちさせちゃうゲームです。といっても最初から堕ちてますがw

Hキャラは黒髪ロングのみなみちゃんと、淫乱ピンクのさくらちゃんの2人。真面目そうなJK2人は実は痴漢待ちの処女ビッチ♥最初から淫乱度MAXのドスケベですw

ふたりともかなりの巨乳で揉みごたえは最高ですw

Hシーンは以下のものが収録されています。

  • 痴漢プレイ
  • バックハメ
  • パイズリ
  • アナルSEX
  • 駅弁
  • フェラチオ
  • 二穴ディルド
  • レオタードSEX
  • エロ下着SEX
  • 3P

などなど。基本のHCGが12枚くらいなので気持ち少ないかなと思います。

Hシーンは全て電車内です。マジカルチンポ状態でもう無茶苦茶でしたww

Hシーンのボリュームはみなみちゃんとさくらちゃんでほぼ半々です。

2016062601

2人ともバスト100越えの巨乳に加えてプリケツ。犯されるために生まれてきたようなボディに加えて、あなただけに超超超ドスケベと最強ですw

ずっと痴漢されることを期待してて一日も何回もオナニーするような処女ビッチ達で、触っただけでオマンコぐちょぐちょにしちゃってますw

2016062602

テキストはとにかく下品で、淫語大好き管理人も90点以上出さざるを得ないほどの超ド淫乱ボイスの連発。

序盤「ば、バレちゃってるのかなぁっ♥あ、あたしが痴漢されたがってるスケベな女の子だって♥」
終盤「お、おちんぽ欲しくてヒクヒクしちゃってるのっ♥みなみの穴ぁ、精液専用トイレにしてぇッ♥」

終始こんな感じのテンションで、孕ませて♥宣言も連発w のっけからアクセル全開です。

原画が復八磨直兎氏あって、アヘ顔アクメでだらしなく崩れたのばっかりです。とにかく溜まっててヌキヌキしたい人は後悔しないです。

淫語も常にMAXなので抜きどころには困らないというか、常に抜きどころになってしまったという状態でした。エロテキストが大好きな人にもオススメ。

残念な点があるとすれば電車内って設定の意味が全くないことでしょうか。隠す気が全くない上に周囲の反応もほとんどありません。別に痴漢じゃなくても良かったんじゃないかと思います。

まとめ

  • アヘ顔ドスケベエロメス2匹チンポ貪りつくす
  • 痴漢感はない
  • 細かいことはイイから、とにかくドスケベSEXでシコりたい人におすすめ

ダウンロードサイト

ダウンロード 電車えっちパラダイス

DMMの登録手順がわからない人はこれをチェック


同人ゲーム・CGレビュー HOMEへ戻る